最初の印象


◇政木先生に初めてお会いしたのは平成2年2月11日、名古
 屋駅の新幹線のホームでした。講演会をお願いしてお迎え 
 にあがった時、列車が止まる前に、窓越しにお姿を拝見し  
 「政木先生だ」と、すぐに直感で分かったのは今でも不思議な
 出来事の一つです。第一印象は“とてもやさしいおとうさん”と
 いった感じでした。

◇その日の朝、先生から「関ヶ原で雪が降って列車が遅れて 
 はいけないので、予定よりも早く岡山を出ます」とのご連絡を
 いただき、講演開始まで時間がありましたので近くの喫茶店
 でお話をさせていただきました。その時は、まだ先生の偉大 
 さも知らず、ぶしつけな質問を重ねたようですが、一つ一つ 
 丁寧に答えていただいて“なんて謙虚な先生なんだろう!”と
 驚いたのを覚えています。

◇その日は服部ビル9Fの研究所でお話をお聞きしたのです 
 が、正直なところ、真珠や仏像の発生には“ほんとかな?” 
 と、キツネにつままれたようでした。それよりも、4時間にわた
 って立ったままで熱心にお話をして下さったことの方が印象 
 に残っていて、“なんて元気な若々しい先生だろう!”と感心
 しきりでした。

◇懇親会では、「ビールは一杯だけいただきます」と言われ、 
 後は食事を召し上がっていただきましたが、「好き嫌いはなく
 何でもおいしくいただきます」とのことで、これが健康の秘訣 
 かな? と勝手に解釈していました。また、ゴルフのお話にな
 ると一段と熱が入り“ゴルフがとっても好きな先生”でした。

◇午後8時頃の新幹線で岡山に戻られましたが、お見送りの 
 際にもまったく疲れたご様子もなく「明日は朝7時に出社しま
 す」とのこと。驚きの連続の一日でしたが、強烈に残った印象
 は、先生の“精神エネルギー”だったようです。


先生の著書へ   このページの先頭へ   次のページへ



TOP  はじめに  プロフィール  教えT U V W 先生のお話

生き方  業 績  発明品  著 書  人物像   直 筆  思い出

最初の印象  研究室(1)  研究室(2)  講演会(1)  講演会(2)

ゴルフ  色紙(1)  足もみ  会食会   色紙(2)   祝賀会   葬 儀




トップへ
トップ
戻る
戻る