9 人の命を救う磁力線発生器の発明


政木先生の発明品は三千件以上にのぼりますが、その中で
“人の命を救った発明品”の筆頭は神経波磁力線発生器(現
バイオイーザー)です。発明経緯と商品化の流れの再確認で
す。

◇空気エンジンの開発過程で超強力磁力線による治療器が 
 誕生。この段階ではどんな病気に効くのかも不明。原理が新
 しすぎて厚生省の認可が下りず。まずは200台の試作品で
 成果をまとめることとなる。1994年1月に試作品が完成。一
 部の方に試用していただくと信じられないような成果が続出。
 注文も殺到したため、やむなく当初の予定を変更して継続生
 産となる。

◇当研究所で、使用された方々に対してアンケートを実施し、
 その成果例をまとめた小冊子を作成。その後も口コミで拡が
 り、末期ガンが治った、寝たきりの老人が歩けるようになっ 
 た、脳梗塞が治った、などの奇跡的な成果例が続出。一部の
 病院や治療院でも治療器として使われるようになる。販売代
 理店も増え誇大広告が目立つようになり、厚生省より生産自
 粛の指導を受ける。

◇やむを得ず、水をおいしくする装置(Mリング)として生産を 
 再開。引き続き奇跡的な成果例は続出し、総生産台数は3万
 台を超える。1998年10月、兵庫県で薬事法違反のトラブル
 が表面化し生産中止となる。翌年、当研究所を含む関連7社
 が無許可による販売で略式起訴となり、罰金を支払って一件
 落着となる。

◇2000年5月、家庭用磁気治療器として正式に厚生省の認
 可を得て、バイオイーザーの販売が始まる。2004年8月、モ
 デルチェンジして新型バイオイーザーが登場し現在に至る。

*この商品は多くの方々の命を救ったものと思われます。素晴
 らしい発明でありながら、現代の科学では原理が説明でき 
 ず、トラブルに巻き込まれたのは残念でしたが、商品の素晴
 らしさは疑う余地がありません。今後も普及に全力を尽くした
 いものです。


前のページへ   このページの先頭へ   次のページへ



TOP  はじめに  プロフィール  教えT U V W 先生のお話

生き方  業 績  発明品  著 書  人物像   直 筆  思い出

1導 き  2仮 説  3人間測定  4発 明  5講 演  6書 籍

7超科学  8生まれ変わり  9磁力線  10文明の誕生  まとめ




トップへ
トップ
戻る
戻る